toggle
片江・長尾地区の中学生を部活と勉強を全力で応援します!
2020-01-12

英語の長文!宝の山だ!

正解、不正解だけに一喜一憂していませんか?

常日頃より強く感じることがあります。特に受験生の英語です!

みなさんが日々取り組まれている模試や過去問には英語の長文があります。点数の配分にして60点満点中の約20点。出来、不出来、点数だけが気になっていませんか?点数はもちろんこだわらなければならない重要な項目です。しかし、長文とはその名の通り、英語の長い文章です。その中には出題された問題とは、ほぼ関係ないもののいろいろな単語や文法が多く含まれています。

そこに目を向けるかどうか!これが最も大切です。

先ずは英文を一言一句しっかり読んでみよう!覚えていない単語、わからない文法、あれば必ずその場で確認と復習。本気でそこに取り組めば、復習には演習の2倍以上の時間を必ず要するはず!これが本当の学習です。

☝ 中3生の長文和訳ノート ☝

問題を解くだけでなく和訳に挑戦!

1.先ずは長文をノートに書写

英文や英単語をしっかりノートに書くことで、正しいスペルや適切な文法を脳の理解のみでなく、感覚として理解できるようになります。

2.英文の音読

これまでもブログでも少し述べましたが、文法理解で最も重要な項目はしっかり音読すること!私たち日本人は誤った日本語にはすぐに気が付きます。その理由は極めて簡単!幼いころから日常生活で日本語を使いこなしているからです。詳しい文法の学習をしなくても、普段の生活で使用することにより、何が正しくて何が誤りなのか自然に脳が記憶しているからです。これは英語も同じ、しっかり声に出して読むことは英文理解の一番の近道です!

3.和訳

こんな経験ないですか?これまでの人生ですごく心に残っている歌・・

「あの時、あの歌聞いたよね・・」

「あの歌聞いてる時は~だったよね・・」など

物事の印象や記憶には、いつも同時にその背景が存在しています。言い換えると背景があるからこそ、その印象や記憶は強いものとなっています。

これは学習においても絶対に通ずるものがあるはず!単語や文法の確認をしながら、長文の話が全て理解できた時、満足感や達成感のない人などいません。その満足感や達成感こそ、それがその人にとっての大きな背景です!

この単語・・あの長文読解した時に出てきたやつだ!

この文法・・あの長文読解した時、こういう意味だったよね!

こうして記憶できた内容は、ただひたすら教科書や参考書を見ながら記憶した内容よりもはるかに強固であることは言うまでもありません。

☝ 私から生徒さんへのメッセージ!(^^)! ☝

長文ノートは、私にとっても生徒さんの理解度を明確に把握できる重要な1つ!その添削は大きな楽しみの1つです!

ちなみにこのノートの生徒さん、入塾当時は英語は今一でしたが、つい最近「高校でも英語を磨きたい!」と・・嬉しかった~✌

 

 

 

関連記事